• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音聲読み上げ
  • 文字サイズ?色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし?環境
  • 健康?福祉
  • 教育?文化
  • 産業?雇用
  • 交流?まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 危機管理部 > 靜岡県危機管理部危機情報課 > 備蓄について

ここから本文です。

更新日:平成30年10月29日

備蓄について

そうだ!!「攜帯トイレ」も備蓄しよう!

害時に備えた食料、飲料水の備蓄は少しずつ浸透してきましたが、「攜帯トイレ」の備蓄も忘れてはいけません。生きる上で、食べること飲むこと「排せつすること」はセットです。もし、水道が止まってしまったら、いつもの様に水を流すことができませんし、下水道が破損した場合には、水を流しても排せつ物が流せなくなる場合もあります。トイレを気持ち良く使うことができないと、體調を崩したり、災害関連死につながる可能性もあります。あなた自身と家族を守るため、「攜帯トイレ」も備蓄しましょう!

チラシ「そうだ!!「攜帯トイレ」も備蓄しよう!」(PDF:1,715KB)を參考に攜帯トイレの備蓄について考えてみましょう。

攜帯トイレ備蓄啓発チラシ(表)攜帯トイレ備蓄啓発チラシ(裏)

災害時の備蓄は「食べ慣れた食品」も活用しましょう!

大規模地震直後は、物流がストップすることが予想されます。家庭で1週間分程度の水、食料の備蓄を用意しましょう。とはいえ、1週間分の備蓄を用意するのは大変です。災害時の備蓄は「食べ慣れた食品」も活用しましょう!

靜岡県が平成27年度に行ったアンケート調査では、備蓄をしていると回答した世帯は85%ですが、7日分の備蓄をしている世帯は6.3%という狀況です。普段からの買い置きやローリングストック(回転備蓄)を習慣づけて、大規模災害に備えましょう!

自宅での生活継続に向けて

チラシ「災害時の備蓄は「食べ慣れた食品」も活用しよう!」(PDF:2,156KB)を參考に備蓄食料について考えてみましょう。

自宅での生活継続啓発チラシ自宅での生活継続啓発(裏)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

危機管理部危機情報課 

〒420-8601 靜岡市葵區追手町9-6

電話番號:054-221-3694

ファックス番號:054-221-3252

メール:boujou@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

无码精品国产DVD在线观看